> HOME > クォーツ式時計の仕組み

クォーツ式時計の仕組み

クォーツ式時計は世界中でその技術が用いられています。
スイスブランドでもその技術を活かした腕時計は多いです。
こちらではアンドレムッシュでも使われているクォーツ式の仕組みについてご紹介します。

水晶とは

クォーツ式でいうクォーツとは水晶の事です。
水晶はその光沢や美しさからレディースアクセサリー等でも人気です。
以前は時計の部品として天然の水晶が使われていましたが、現在使用されているのは人口的に加工された水晶で、電子機器の精密部品として様々な製品に利用されています。
ブラジルなどで産出される「ラスカ」という鉱物を高温・高圧で加工すると、ブランドアイテムの部品としても優れた水晶となります。

時計が動くメカニズム

それではクォーツ式は、どのような仕組みで動いているのでしょうか。
水晶は電圧をかけると結晶内部が歪むことで規則的な伸縮を繰り返し、共振と言う現象を起こします。
その回数は1秒間に数万~数百万回とも言われていますが、内部にあるIC回路が電気信号として伝わってくるその振動を1秒に1回の電気信号に変える事で正確性の高い時計となります。
日本のメーカーが発表して以来、一時はスイス製腕時計ブランドを経営危機に立たせたほどの技術ですが、現在はスイス・日本を問わず多くのブランドで活躍している技術です。

なぜ水晶が良い?

それでは精密機器の部品として水晶はどのようなメリットがあるのでしょうか。
クォーツ式の動力源は電池ですが、水晶は電池から電圧として力が加えられた時に共振の幅が狭く回数も多いです。
この共振の回数が多いほど時間の正確性を有利に保つ事ができます。
また、水晶は硬度も高くとても安定した鉱物で、精密さと耐久性が求められる時計の部品としてとても優れています。
スイスブランドでも比較的リーズナブルかつ高級感のあるアイテムをご提供するために最適です。

水晶は幅広く活用されているものですが、正確に動き続ける時計づくりにも必須のものです。
アンドレムッシュでも機能性の高いクォーツ式スイスブランドアイテムをご提供しています。

pagetop

有限会社アンドレムッシュジャパン

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目4番1号 オリエンタル東心斎橋ビル5F
電話番号 06-6258-1365  FAX番号 06-6258-1366 E-mail info@andremouche.co.jp

Copylight(c)2006-2014 ANDRE MOUCHE JAPAN All Right Reserved.